管理会計特論@筑波大学大学院ビジネス科学研究科 で紹介した文献

2019年の2月末~3月初旬にかけて、筑波大学の大学院、ビジネス科学研究科で博士後期課程の学生向けに管理会計特論を開講しました(シラバスはこちら)。講義中に紹介した文献の一部を、ブログでも紹介しておこうと思います。なお、この講義のテキストは

Harris ed. 2017. The Routledge Companion to Performance Management and Control, Routledge.

でした。最近出版された、業績管理、マネジメント・コントロール(Management Control: MC)に関する論文集ですね。全28章の中から、MCの理論的枠組みと脱予算経営の事例を紹介した第2章、京セラのアメーバ経営を扱った第3章、規制と産業ベンチマークが業績管理システムに与える影響を事例を通じて検討した第6章、行動科学的諸問題に焦点を当てた業績管理研究のレビュー論文である第12章、そして非営利組織MC研究の最近の展開と将来の研究課題を論じた第22章を講義では取り上げました。

講義中には他にもいろんな文献を紹介しましたが、博士後期課程の学生に読んでおいてほしい特に重要な文献に限ってここでは紹介しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA